ビーチバレーブレス浜松カップが開催されました

12月12日、13日に遠州灘海浜公園江ノ島ビーチコートにて二日間開催です!
このビーチバレーボールの大会は、8月に開催予定でしたがコロナの影響で中止になったのです。
この当時はブレス浜松の選手も参加するということで楽しみにしていたのですが、今回は無事に開催されることになり嬉しく思います。
コート2か所で同時に進行していきますので両方の試合を全て撮影するのは一人では厳しいため、難しい部分はありました。
ビーチコートのため、カメラの天敵てあるホコリと砂が飛んできますので細心の注意を払う必要があります!
バレーボールとビーチバレーボールはルールが違います。
フェイントも、指を曲げたポーキーをつかう必要があります!


ビーチの場合はブロックは1タッチに含まれます。

オーバーハンドトスはドリブルをとられやすいため、あまり見ません。
合計7点になるとコートチェンジを行います。

屋外で海辺ということもあり、風が吹いています。サーブでは特に影響を受けやすいです。

二人で連携するためチームワークはとても重要です!
目の前で観ていましたが、選手たちは良く声をかけあって指示をしていました。
ライン!!とかノーバディ!!とか、良く聞こえました。
二人で試合をするため運動量がとても多く、ラリーが続くととても体力が必要になります!
すごく激しいスポーツだと思いました。

数々の素晴らしいプレーを間近で観ることが出来て嬉しいです。
私の写真を見た方が一人でも多く競技に興味を持っていただき、バレー部に入ったり観戦に現地へ足を運んで下されば幸いです!
私が写真を公開しているのはそういった意図があります。

全てのスポーツを撮影して、一人でも多く競技人口を増やしたいと思います!