バレーボール撮影には高いカメラとレンズがベスト

渋川小夏,徳石あかり

千葉エンゼルクロスの試合を撮影しました。12月はじめではcanon EF70-300mmで撮影していましたが、その後sigma 70-200mm F2.8を購入してからカメラの設定が大きく変わりました。
ズームレンズで暗い体育館で絞り開放でISO感度を上げて動きものを撮影するという悪条件ですからより高画質な写真を残すのは難しいです。

体育館は思った以上に暗いので絞る余裕があまりありません。iso感度を上げつつ2段くらい絞ったほうがraw現像でキリっとした写真になるのかというとカメラとレンズによります。
いくら純正のEF白レンズといえどF4-5.6の開放で撮影すれば解像感が甘くなったり、周辺減光が目に見えます。
しかしその点はsigma 70-200mm F2.8 DG OS HSMは、開放で撮影しても顕著な解像度の低下や目立つ収差がほとんど感じません。

B07KLCRTBP


レンズが原因というよりも、周辺減光などは出てもLightroomにお願いして誤魔化してもらっています👍

バレーボールを撮影するようになってから実際に勉強になったことはたくさんあります。
というよりも場数が大事だと思います。体育館によって照明の明るさも角度もちがいますので、何度も撮るうちにたくさん勉強になりました!
はやくスポーツを撮影したいです!

#7 渋川 小夏選手 神奈川県出身 
大和南高校 → 松蔭大学

コナツさんを追いかけると必ずシャッターチャンスが訪れます👍
ムードメーカー的存在ですねっ♪

#18 徳石 あかり選手 宮崎県出身
都城商業高校 → 大阪体育大学 → CLUB EHIME

千葉エンゼルクロスでは、コートのメンバーで決めポーズをやるときがあります!

始球式でのズッコケです😆神対応でしたね♪
観ていて楽しい!応援したくなるチームです!
皆様も現地観戦してみてください!